ヨガの用語集

 

 

・ドーシャ
「ヴァータ」「ピッタ」「カパ」という3つに分類される生命エネルギー。
「アーユルヴェーダ理論」において、バランスを整えるべきと唱えられている基礎本質。

・ドーティ
口腔から内臓までの洗浄を意味する。「シャットカルマ」の1つ。

・トラタカ(トラタク)
ろうそくを見つめて行う、目の浄化と強化を目的としたヨガ。瞑想の意味も含む「シャットカルマ」の1つ。

・トリ
サンスクリット語で「3」。

・ドゥイ
サンスクリット語で「2」。

・ドゥルガー
「シヴァ神」の妻で、ヒンドゥー教の女神「パールヴァティ」の化身とされる。勝利の女神。

・ドリスティ
視線。ポーズを取る時に目線を合わせるポイント。

スポンサードリンク