ヨガの用語集

 

 

【リ】
・リグ・ヴェーダ
 「ヨガ」という言葉が初めて登場した、古代インドの聖典。「ヴェーダ聖典群」のうちの1つで、1028篇の讃歌で構成されている。

・リシュケーシュ
 ヒマラヤの麓に位置するヨガの聖地。ガンジス河沿いには寺院も数多くある。リシュケーシュとは、「聖者の里」という意味。

・リストラティブ・ヨガ
 身体を疲労から回復させ、エネルギーを取り戻す事を目的としたヨガ。ひとつのポーズを長くとり、心身のリラックスを図る事を目的とする。身体に負担をかけない様に、ボルスター、アイピロー、ブランケット、クッション・ベルトなど道具を使う事が多い。

・リトリート
 社会生活などの日常から離れた、寺院や海、山などで、合宿のような形態で集中的にヨガの修行を行う事。

・リンガ
 創造の源であるシンボル(男性)。シヴァ神の象徴。

・リリアヨガ
 指のヨガ。指を動かす事で脳の活性化を導くヨガのスタイル。

スポンサードリンク