ヨガの用語集

 

 

【フ】
・プージャ
 「タントラ・ヨガ」や「バクティ・ヨガ」において、特に重要とされる儀式。

・プーラカ
 吸気。特に横隔膜を使って行う、意識的な腹式呼吸法の事。

・ファスティング
 断食のこと。

・ブッディ
 「アートマン(本来の自己の姿)」から生じるとされる崇高な精神。

・ブラフマチャリヤ
 8支則(アシュタンガ)の第1段階であるヤマの1つで、「貞操」や「欲望の自制」を意味する。

・ブラフマン
 宇宙の最高原理で絶対的存在。哲学では「アートマン(本来の自己の姿)」に対する概念。

・ブラフマー
 宇宙創造の神。「ヴィシュヌ」「シヴァ」と並んで「ヒンドゥー教三大神」の1人。

・プラクリティ
 サーンキャ哲学の用語で、「物質原理」「本性」「自性」の意味。
「プルシャ(精神)」とは二元論で相反する言葉。

・プラティヤハーラ
 八支則(アシュタンガ)の第5段階。五感を、外界の刺激から遠ざける事により自己の内側へ向け、感情や欲望を制御する事。

・プラーナ(プラーナ・ヴァーユ)
 喉元から横隔膜に流れる生命エネルギー(気)。心臓や肺の他、胸部の働きに作用する。

・プラーナマヤ・コーシャ
 生体エネルギーの層「パンチャ・コーシャ(人間を構成する5つの生気鞘)」のうちの1つ。

・プラーナヤーマ
 8支則(アシュタンガ)の第4段階。吸気と呼気に加え、保息を使い分け呼吸を意識的に行う呼吸法。
ゆっくりと段階的に行う事により、心のコントロールを図る。

・プルシャ
 サーンキャ哲学の用語で「純粋精神」「魂」「アートマン(本来の自己)」。「プラクリティ」とは二元論で相反する言葉。

・プロップ
 正確かつ安定したヨガのポーズをとるために使うヨガの補助道具の事。「ブロック」「ブランケット」「ベルト」「ボルスター」「サンドバッグ」などがある。

スポンサードリンク