ヨガの用語集

 

 

【ヒ】
・ビクラム・ヨガ
 ビクラム・チョードリーが考案した「ハタ・ヨガ」のひとつ。高温多湿に設定された環境で、伝統的な26のポーズを連続して行うホットヨガ。

・ビジャ・マントラ
 「種子」と言う意味を持つマントラ。それぞれのチャクラに合わせた呼応の音節がある。

・ピッタ
 アーユルヴェーダ(インドに古くから伝わる伝統の学問)で提唱される理論の1つ。

・ピラティス
 第1次世界大戦中に、兵士のリハビリとしてジョセフ・ピラティスにより考案された。体の根幹を鍛錬し、心身のバランスをコントロー ルするエクササイズで、ヨガの要素も取り入れられている。

・ピンガラ
 「太陽の気道」の意味。脊髄に沿った「プラーナの気道(スシュムナー)」を中心とすると、「月の気道(イダー)」とは反対に右半身を司り、精神の活性化に作用する。

スポンサードリンク