ヨガの用語集

 

 

【イ】
・イシュタヨガ
 タントラやアーユルヴェーダに、ハタヨガを統合させたヨガのスタイル。アランフィンガー氏が発案。
「イシュタ」とはサンスクリット語で「個々の」という意味で、名前の通り個人の体質ヤ体型を尊重したヨガ。

・インテグラルヨガ
 60年代にシュリ・スワミ・サッチダナンダ氏が確立し広まったスタイル。
瞑想に重点を置きながらハタヨガのポーズを行うが、ヨガのポーズのみならず、生活の中にヨガの精神を取り入れる事を説いた総合的なヨガ。

・イーシュヴァラプラニダーナ
 5つある勧戒(ニヤマ)のうちの1つ。偉大なる存在に対し、感謝や祈りなど信仰心を持つこと。

・イダー
 月の気道を表す。ビンガラと対をなし左半身を司る。

・インドリヤ
 サンスクリット語で「身体の器官」を意味する言葉。

スポンサードリンク