鶴のポーズ / ヨガのポーズ

鶴のポーズ / ヨガのポーズ

鶴のポーズの効果・効能

  • 全身強化

 

鶴のポーズのポイント

  • 最初は、腕を伸ばそうとせず肘は曲げたままでバランスをとります。 手の下にブロックなどをおくのも良いでしょう。
  • 体の曲げ始める時の体勢でかかとが床に付かない場合は、まるめたヨガマットやヨガラグなどで補いましょう。
  • 腕でスネを押して足の付け根を骨盤の内側に深く引き入れると、体が持ち上がりやすくなります。

スポンサードリンク

鶴のポーズの手順・ポージング

【1】
両足を少し開いてしゃがみます。

【2】
両膝を肩幅まで開いて体を前に傾け、足の前方約20cm〜25cmほどの所の床に手を付きます。両足は揃えたままで爪先立ちをします。

【3】
両膝を左右に開き両肘を曲げ、かかとを高く上げ、肘より上の部分の腕の後ろにスネをつけます。

【4】
太ももをなるべく体の内側にしまうようにし、腕をできるだけ倒して、スネが脇の下へ来るようにしましょう。

【5】
吐く息で両腕の後ろへ重心をかけます。そして、尾骨をできるだけかかとの方へ近づけるようにしながら、背中を丸めます。

【6】
手の内側を強く床へ押し、吸う息で肘をなるべく伸ばします。首の後ろを注意しながら、頭を少し持ち上げて視線を前に向けます。このポーズで約30秒ほど自然呼吸をしながらキープしましょう。

【7】
息を吐きながらゆっくりと両足を床へ下ろし、ポーズを解きます。


スポンサードリンク