ねじりのポーズ / ヨガのポーズ

ねじりのポーズ / ヨガのポーズ

ねじりのポーズの効果・効能

  • お腹の引き締め
  • 背中の引き締め
  • ウエストの引き締め
  • お尻の引き締め
  • 二日酔い改善
  • 内臓機能の調整/促進
  • 便秘の改善
  • 倦怠感改善
  • 軽い腰痛の改善

スポンサードリンク

 

ねじりのポーズのポイント

  • ヨガの代表的なねじりポーズです。
    腰をねじる事で腰周りの筋肉が伸縮して活性化するので、ウエストのくびれに効果があります。
    ところが、無理やり腰をねじろうとすると逆に筋肉がこわばるので、呼吸法をうまく使って、力まずリラックスしながら行うと良いでしょう。
  • 座位が不安定なら、腰の下にブランケットなどを敷いて調整しても良いでしょう。


ねじりのポーズの手順・ポージング

【1】
右側のお尻を床につけて横座りになり、左足のかかとを右側のお尻の横につけます。

【2】
右膝を立てて、足を交差させるように左足の外側に回して床の上に置きます。

【3】
右膝が体の中心に来る様に意識します。

【4】
息を吸いながら、左手で右足を抱えて右手を後ろ側の床に置いて背筋を張ります。

【5】
息を吐きながら体を右にねじります。首周りに力が入らないように気をつけましょう。
腰が浮かないように床にしっかり付いているのを確認し、お尻全体で床を押すようなイメージで体勢を整えます。その状態で、約30秒ほど自然呼吸しながらキープします。



スポンサードリンク