ヨガの効果 / ヨガの基礎知識

ヨガは、「ポーズ」と「呼吸法」を基本として、「内臓」「筋肉」「神経」「骨格」「精神面」など、人の体に幅広く影響を与える事ができる様に構成されています。 具体的にどの様な効果があるのか、まとめてみました。

 

健康促進

ヨガの動きで行う呼吸法やポーズは、体の様々な部分に良い効果をもたらしてくれます。

筋肉
普段あまり使わない筋肉を刺激し、緊張をほぐす。
骨格
骨に負荷をかけることで、骨格の矯正に効果をもたらす。
循環器系
血行を促進する効果がある。
呼吸器系
普段あまり使わない、肺の部分を使い肺を活性化させる事で心肺機能を高める。
また、心肺機能が高まると基礎代謝が高まり、冷え性やむくみにも効果があるとされている。

その他、内臓や免疫系にも刺激を与えるなど、身体全体に様々な働きかけをし、強くしなやかな身体を作ります。
また、体の内外のバランスをとり戻し、人の体に本来備わっている自然治癒力を促す事によって、健康の促進効果にも期待できます。

スポンサードリンク

 

ダイエット効果

ヨガは、効率的に不要な脂肪を燃焼させながら基礎代謝を高めるなど「体質改善」が期待できます。
健康的で理想的なプロポーション作りが出来る事から、「ダイエット」に効果的であると考えられています。

ヨガの運動には、ゆっくりと体をストレッチさせるポーズが多く存在します。
これは、普段あまり使わない部分の筋肉をほぐして効率的に脂肪を燃焼させ、さらに筋力をつけ基礎代謝のアップを図る事が出来ます。これがダイエット効果へと導いてくれるのです。

また、ヨガの際に行う呼吸法もダイエット効果の最大の要素となります。
正しい呼吸法を行う事で、有酸素運動を促進させ、さらなる脂肪燃焼を助けます。

メンタル面への効果

ヨガで行う呼吸法やポーズは、余分な心身の緊張を解きほぐしたり、心のバランスを整えるなど、「ストレス解消」に効果があります。また、ヨガの時に行う大切な要素の一つ「瞑想」も、自然に自分の身体へと意識が向かわせる事から、集中力アップの効果を望めます。

乱れた心を落ち着かせたり、物事を前向きに捉えられるようになるバランス効果など、メンタル面での調整にも効果が期待できます。

このメンタル面のバランス効果により、日常生活での作業やコミュニケーションなど、様々な場面での能力アップが期待できます。

スポンサードリンク